カジノで勝った分に税金はかかるのか?

カジノにおける税金について

シンプルにゲームで勝つ高揚感を味わうためにカジノをする人もいるでしょう。
とはいえ勝敗にお金を賭けるからこそよりゲームの醍醐味があるのも事実です。

ところで勝った際の配当金に対して税金がかかるのでしょうか。
一回に勝ち負けを繰り返した場合、一旦大きく配当金を得ても終わる頃には、手元にわずかのお金しか残ってないこともあります。
いくつかの状況を考慮した上で配当金に対する税金について考えます。

※詳しくは「オンラインカジノにかかる税金と確定申告」も参考

配当金に対して課税されるのか?ですが、単刀直入に課税されます。
ただし、受け取った金額によって納税の必要がない場合があるので基準額をよく確認しましょう。

その所得は一時所得とされ、サラリーマンなど確定申告が必要ない人でも金額によって申告が別途必要です。
税額を計算するときには、とりあえず日時やゲームの種類などを控えておきます。

そして配当を受けた総額と賭けた総額の差を計算します。
この差がマイナスのときは納税は不要です。

配当から賭けた金額を引いた上さらに50万を控除できる

所得税は1月1日から12月31日までを基準にしますから、年単位の計算で構いません。
もし5月に10万円勝っても、9月に11万円負ければマイナスとカウントします。

差額がプラスならば申告か?といえば、そうではありません。
配当から賭けた金額を引いた上さらに50万を控除できます。

早い話、年間50万円に満たない差額ならば確定申告はいりません。
かりに50万円を超えても、その2分の1に対しての課税ですから、よほど勝たない限り大きな負担ではないでしょう。

日本国内に現在カジノはありませんが、海外旅行のついでにカジノをして勝った場合も同様の考え方で課税されます。
ただし海外で勝ったとしても、日本の担当窓口がその金額を管理する方法はありませんので、あくまで配当を受けた人の任意の意思に委ねられます。

そうはいっても一般的に海外のカジノで得た配当をその国の通貨で所有することはないでしょう。
日本で使用するためには両替が必要ですから、全額が直ちにカジノの配当とはみなされないまでも当局の目には触れます。

また100万円以上を国へ持ち込む際は届出が必要ですから、多額の配当を得た場合は申告を忘れないようにしましょう。

給与所得などと合算した上で課税する

こうした一時所得は総合課税の対象で、他の所得と分離して計算するのではなく給与所得などと合算した上で課税します。
給与所得は毎月の給料から源泉徴収されていますから合算しないのではと勘違いしがちですが、所得と税額は年末調整で正式に決まります。

その時点で賭けによる受取配当金が50万円を超えていれば、合算して計算し直します。
もちろん会社に受取金額を伝えても計算はしてくれません。

会社はあくまで給与に関する計算で終了です。
そのために受取配当金が多かった人は最寄りの税務署に対し確定申告をします。

まだ日本ではカジノが認められておらず、配当に課税されるのか迷うのも無理はありませんが、国内海外問わず一時所得とされる点で違いはなく公営ギャンブルと同様の取扱がなされます。

これには十分注意し、安易に考えず分からないときは専門家や税務署に尋ねましょう。